J1第29節 千葉-浦和(2-4)

現在リーグで好調なジェフと浦和の対戦とあって注目された試合だったが、浦和の貫禄勝ちという点差の結果に。
だが、試合の内容では千葉が浦和を終始凌駕していて、忠実なマンマークディフェンスでボールを奪うとどんどんとスペースへと人が走ってボールをつなぐ、千葉らしいサッカーを展開して浦和陣内にボールを持ち込んでいた。
しかし、押されれば押されるほど得点のチャンスが増えるのが浦和の強さで、田中達、ポンテ、ワシントンらの個の力でふと気が付けばカウンターから2点を取ってしまっているのはさすが。ただ、復調の兆しを見せていたワシントンが鼻骨骨折でACLが微妙になったは浦和にとって非常に痛い。
浦和は後半早々にポンテが3点目を決め、これで精神的に緩みが出てしまったのか、DFの押し上げが止まって浦和陣内で相手にパスを回させてしまう守備の悪癖が勃発、そこから千葉のレイナウドの初ゴールと羽生がFKのこぼれ球を押し込んだ2点目を入れられてしまったのはどうにもいただけなかった。
ACLでの城南との試合や代表のエジプト戦しかり、どうも点差がついたり後半に疲労して守りに入ったりするとこういう守備になってしまうのは、これから臨む城南との第2戦やクラブW杯を考えると是非ともきっちり修正して欲しいところ。
千葉は、選手の動きが一時に比べれば格段に上がってきたけれど、浦和との決定力の差はいかんともしがたかったね。後半から出場したレイナウドがなかなか高い個人能力を見せただけに、彼をどう生かして行くかがこれからの楽しみであり課題だろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする