今日の戯言

なんか、どうも巷では後藤氏のこのコラムが物議をかもしているようですね。
この前行われた浦和対新潟の試合は私も見たのですが、エメルソンやアルパイの個人としての強さよりも、トルシエジャパンが終了し、磐田と市原の勢いにかげりが見え始めた現在では見る機会が少なくなった、積極的なプレスサッカーを終始展開しているところに感銘を受けましたね。京都で果たしえなかったエンゲルスの野望が実りつつあるというところでしょうか。
もちろん、プレスサッカーの宿命である、プレスのかけミスやタイミングのずれでの大ピンチも作っているわけですが、戦術の欠点やリスクだけをあげつらって問題視するファンやマスコミだらけで、実際に狙いの良く分からない戦術をやってしまっているチームが多いこの国で、一貫した姿勢のサッカーをやっている浦和には非常に好感が持てますよね。
その浦和のボランチが鈴木と長谷部、そしてトップ下が山瀬と、結局アテネのメンバーに選ばれなかった選手が、プレスサッカーの生命とも言うべき中盤を担っているのが皮肉だし、山瀬と鈴木のユニフォームを着た闘莉王と田中の会見を見たレッズファンにしてみたら「ざまあ見ろ」と言いたい気分になっている事でしょう。外人に注目もいいですが、頑張っている五輪世代にも言及して欲しかったですよね。
明日は注目のFC東京対浦和を含めたJ全試合がありますし、今晩はセリエの第3節と忙しい日になりますが、明後日から出張を控えているだけに、何とか1試合は戦評を書ければなあと思っていますです・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする