「予想された結末」ロンドン五輪 男子3位決定戦 日本-韓国

先発のメンバーを見た時に、こういう試合になる事はある程度予想が出来ていたので、ぶっちゃけ個人的にそんなにショックや悔しさはなく、想定範囲内の結果かなと。
木曜日に書いた展望で、3決は控え中心に出したほうがいいのではと書いたのは、日本は決勝を逃してモチベーションダウン、逆に韓国は反日ドーピングに加えて兵役免除という巨大なニンジンがあり、疲労が溜まった状態で足が出るかどうかは精神力がものを言う事を考えると、今までのようにやっても勝てないだろうと思ったからでもある。
その上、日本はハイプレスと戦術永井のカウンターのみしか攻め手を持たないので、先行されないように注意深く守り、ボールを持たせて縦一本で攻めれば安牌というのは既にメキシコ戦でバレてしまっており、聡明なホン・ミョンボ監督がそれに気づかないわけがなかった。
日本はグループリーグにピークを持って来た影響なのかメキシコ戦から大きく回復した風ではなく、やはりいつものベストメンバーではメキシコ戦以上の動きは出来なかった。で、そういうチームは神様も見るのを嫌がるのか、得てして運も無くなりがちである。
特に後半になって韓国が完全に引いてからは日本は全く韓国のPAの中まで入り込む事ができなくなり、おっと思わせる場面は宇佐美の単独突破かセットプレイ、吉田が上がっての放り込みとセットプレイのみであった事を考えると、その宇佐美や齋藤とといったドリブル能力に長けた選手を最後までチームにフィットさせられなかった報いが来てしまったのかなと。
とは言え、どこかのコラムで反町さんよりも関塚監督のほうがはるかに優れている、という論調があったけど、正直言ってOAと戦術永井がハマっただけで、1つの戦い方、それも選手の軸と戦術のスタイル作りが最後まではっきり決まらず、守備からカウンターしか出来ないチームしか間に合わせられなかったという点ではほぼ同じだったと思っていて、下手をすると北京の二の舞になってもおかしくなかっただけに、4位という結果は望外であり、我々としては十分喜ぶべきだろう。
ただし女子の場合とは違って、メダル無しでそんなに胸を張って帰ってもらっては困る(笑)。幸い、彼らにはブンデスリーガやA代表という次のステージが待っている。ロンドンでの反省とそこで得た経験をきっちり活かし、リーグで結果を出してA代表でのリベンジにつなげてもらいたいところだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする