「まずは順調なスタート」ブラジルW杯アジア最終予選グループB 日本-オマーン

昨日のオマーン戦は、初戦でホームという過緊張になりやすい試合ではあったが、蓋を開けてみれば相手にシュート1本しか撃たせない完勝で、ザックジャパンは順調な最終予選のスタートを切った。
そのポイントになったのは、やはり予想通り徹底した前からのプレス。守ってカウンターを狙って来るオマーンに対してDFの対応ばかりがクローズアップされてはいたが、やはりそこはさすがイタリア人の監督、「守備は裏切らない」とばかりにきっちりと組織的なプレッシングとDFのカバーリングのコンビネーションを作り上げ、オマーンに全くサッカーをさせなかった。
オマーンは4-1-4-1というフォーメーションで定石通りバイタルエリアのスペースを封じ込める対策を講じて来たが、そもそも本田はあまりそこでプレイしてなかったし、本田の足元からはボールが奪えないしであまり効果を発揮したとは言えなかった。しかも攻撃になった時に前方に1人しか選手がいないのでロングボールもほとんど跳ね返されてしまっていた。日本にとっては2トップで来られたほうが怖かったかもしれないが、まあそれでも結果がそんなに変わるものではなかっただろう。
個人的なMOMとしては、本田でも長友でも無く、岡崎を挙げたい。3点目の彼らしい泥臭いゴール、絶え間ない前方からのプレッシングはもちろんの事、アゼルバイジャン戦で課題となっていた右からの攻撃についても、内田の縦パスをしっかりキープしてつなげる働きが出来ていて、右サイドが機能した事で香川・長友のサイドのプレッシャーも緩くなるという隠れたアシストになっていた。
ただ、課題となる点が全く無かったわけではない。遠藤のコンディションが上がっておらず、岡崎や香川がしきりにDFラインの裏を狙っているのにパスが出てこない場面が多く、本田が低い位置でボールを持つ場面が多くて全体的に攻撃のスピードが遅かった。特に、ドルトムントの攻撃スピードに慣れている香川は日本のリズムとまだマッチしておらず、相手のマークも厳しくてなかなか本来のプレイが出来なかった。それでもチャンスを作るところはさすがではあるけどね。
次節のヨルダン戦も、基本的には同じ戦略・戦術でいいだろう。人選については、遠藤外して細貝を入れてもいいのではないかと思うが、多分最終予選のうちは、アクシデントでも無い限りはザックはやらないだろう。内田と酒井の右SB争いも白熱しつつあるけど、セルフジャッジの場面はいただけなかったがそれ以外では内田はまあまあ良かったし、多分先発は変わらないはず。とにかくコンディションを整え、コンビネーションの精度を上げて臨んで欲しいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする