アジア3次予選各グループの動向

日本とウズベキスタンが前評判通りに予選を突破し、さらに余裕の左うちわで恒例になった各グループの動向をおさらいしてみましょう。
まずはグループA。ここまで3戦全勝で来ているヨルダンが、シンガポールにも2-0で勝って予選通過を決めました。ここまでのデータを見ても失点がわずかに1という堅守ぶりで、最終予選における台風の目になる可能性は高そうです。2位争いについては、中国が予定通り(?)イラクに敗れて勝ち点差が6に広がりました。これでイラクがシンガポール戦に負けなければ予選突破となり、中国の敗退は事実上決まりですね。カマーチョ監督は続投だそうですが、ひとまずお疲れ様でした。
グループBはUAEとのアウェイ戦でも韓国が勝利して3位クウェートとは勝ち点5の差となり、ほぼ突破は確実の様相です。2位争いはヨルダンとクウェートが勝ち点2の差。レバノンが直接対決の結果で上回っているので、数字上はかなり有利ではありますが、韓国が次のレバノン戦で突破を決めた場合、最終節のクウェート戦で手を抜く可能性があるので、レバノンは韓国相手に引き分け以上が欲しいところです。
そしてグループDは、ここまで3戦全勝のオーストラリアがオマーンアウェイで破れるという波乱が起きました。一方、前半戦は不調だったサウジが難敵タイに3-0で快勝、ようやく2位に浮上してきました。オージーは3位とは勝ち点5の差があるとは言え、万が一タイアウェイでも星を落とすような事になれば、最終戦のサウジ戦が死闘になってしまうので安穏とはしていられませんよ。
最後のグループEは大激戦。イランとカタールが勝ち点8で並んでますが、3位で勝ち点5のバーレーンとイランがボーナスゲームのインドネシア戦を残しているので、バーレーンに対戦成績で上回っているイランは事実上突破決定。2位のカタールとバーレーンがイーブンとなり、直接対決の初戦で引き分けているので、次の試合でバーレーンがカタールに勝つと逆転突破になるでしょう。
いや~、我々のグループ以外はまだまだ熱いですなあ~。ああ、うちわの風が涼しい(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする