まず前半90分は1-1での折り返し

つってもネットラジオで聞いてただけなので試合展開はほとんど分からないんですがね(笑)。
でもまあ仙台にとっては、2-0とかで勝っていれば別でしょうが、下手に1-0や2-1で勝つよりも良い結果だったのではないでしょうかね。
イタリアのようなチームならともかく、日本のチームは90分の間に戦況を読みながら全員が一気に攻守バランスを切り替えるという事が苦手なので、第2戦で守りに入ってしまってもし点を取られたら、そこから一気に出てそのままジュビロを押し切ると言うのは難しくなってしまうでしょう。
仙台に限らずJ2のチームにとっては、とにかく最初からペースを考えずに攻撃的に行って主導権を握ることが必要になるわけですから、この結果はかえって迷いをもたらさずに済むとポジティブに考えるべきですね。
逆にジュビロにとってはカウンターが狙いやすいシチュエーションになったのは確かですが、決して受けに回らずに局面で攻撃的な守備をやる事を心がけないと、足元をすくわれる可能性は十分に高くなるといえます。
まあ詳しい展望は録画の試合を見てからですな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする