バーレーン戦が迫ってるのに次期代表監督の話

と言ってもさっぱり世間は盛り上がってないし、試合内容は海外組におまかせの出たとこ勝負というジーコジャパン状態なので、こちらとしてもさっぱり展望を書く気が起こりません(笑)。
新カピタンはどうも客を呼べない岡ちゃんをクビにしたがってそうだしねえ・・・まあぶっちゃけバーレーン戦については、中村と中澤&闘莉王のセットプレイが決まれば勝てるし、決まらなければ勝てないでしょう(苦笑)。
さて、昨日の名古屋と清水の試合に関してメールをいただきました。

好調?名古屋の戦評ですので、久しぶりにコメントさせていただきます。
勿論私は瑞穂でみていましたが、正直よく勝てたなという試合でした。
ご指摘のとおり最近の名古屋はバイタルエリアが空いていて、相手に前を向かせてプレーさせていることが多いです。岡崎の1点目もそうだし矢島の2点目もそうです。まあ矢島のは見事すぎますが。
清水の方がボールがよく回るしサイドの上がりも思いっきりがよく、それと比べたら右サイドの竹内の上がりなど及び腰で頼りなかったな。しかし昨年までと決定的に違うのは、それでも勝ってしまうことです。これを強さといって良いのか、恐るべしピクシーマジック。
確かにシーズン当初はもう少しコンパクトで、中盤の守備では中村直志が体を張り、両サイドも思いっきりがよく、先日会長に批判された玉田も点こそ取っていませんでしが、前線で粘ってボールを随分供給していたので、小川などがよく絡んで得点しておりました。
しかし代表組がいない状況ではありましたが、昨日のナビスコ大分戦も同様で、内容的には非常にフラストレーションの溜まる試合でした。
まあ、そうはいっても首位にいるわけですから、随分贅沢な悩みです。
そんなことより気になるのは、代表監督のことです。すでにJのブラジル人監督の名があがっているようですが、ピクシーは名前だけでなく実績もあげつつあり、心配です。
バーレーン戦で負けちゃったりすると、オシム爺ちゃんに泣きついたが、やはり体調面の不安は拭えず、名古屋から教え子のピクシーを強奪する。
協会は何をしでかすかわからないので、ありえない話ではないような・・・
さすがにそこまではしないか。
がんばれ楢崎、玉田。
private ledger

まあオリベイラ、シャムスカ、ピクシーの誰がなっても今よりはマシになりそうですが、客寄せと見栄えという面ではやっぱりピクシーが際立ってますからね。そういう面では実に協会好みかもしれません(笑)。
本当はオシムの復帰が一番いいんですがねえ・・・だからあんな簡単にはしごを外すなとクドクドと書いたのに(嘆息)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする