週末天皇杯雑感

昨日は布団で横になりながら天皇杯の水戸対ツエーゲン金沢の試合を見ておりました。
金沢は前線のタレントこそ水戸に匹敵する能力を持ってはいるのですが、どういうサッカーを目指すのかというコンセプトがいまいち形にならず、堅守速攻の形が出来上がっている水戸とは正直レベルの差が少なからずありましたね。
後半は金沢が攻勢に出たのですが、ポゼッションで上回ったというよりは出足で上回って高い位置からボールを奪っていたためで、DF陣は水戸が前線からプレスをかけると簡単にミスを犯し、中盤で奈良が前を向いてボールを受けても前線とのパスの息が合わず、ポゼッションサッカーとしても完成度が低い状態でした。これじゃ地域決勝に出たとしても手堅く勝つのは難しかったでしょうね。
さて、天皇杯と言えば昇格争いをするJ2勢がことごとく負けたことで、例のベストメンバー規定に触れるんじゃないかという記事が出てましたが、案の定カピタンは天皇杯についてはスルーしちゃいましたね。
もっとも天皇杯については規定の適用を受けないわけですが、いくらケットシーさんが「ないはずです」と希望をかけてみても、これは間違いなくスポンサー様への言い訳にしか過ぎませんよね。一連の犬飼・川淵発言にはファンやサポーターという言葉がたくさん出てきますが、それを全てスポンサーという言葉に置き換えてみれば素晴らしくフィットしちゃうのが分かりますよ(笑)。
まあ、彼らにも「大人の事情」というものがいろいろあるのでしょうから、個人的にはいきり立ってベストメンバー規定の撤廃を!などと叫ぶつもりはありませんが、芝居はもうちょっとうまくやって欲しいものですよね(苦笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする