J1第27節 G大阪-大分(1-0)

最近調子が落ちているガンバ。この試合でもボールポゼッションで大分を大きく上回りながらもなかなか得点が奪えず、後半のロスタイムにようやくバレーのゴールが決まった文字通りの辛勝だった。
その原因ははっきりしている。一見すると大きな変化が無いように見えるガンバのサッカーだが、全体的な選手の位置取りやプレスをかける位置が明らかに好調時よりも下がっている。従ってボールを奪う位置が低くて二川や遠藤が飛び出してゴールに近い位置でボールを受ける回数が少なくなる。これではチャンスが減るのも当たり前である。
後半も終盤になってようやく大分を包囲して分厚い二次攻撃を仕掛けられるようになったが、あまりにもタイミングが遅すぎた。やっと猛暑が去って気候も涼しくなって来たので、もっと攻守の切り替えを早くして行かないと、残り試合で浦和に追いつくことは難しいだろう。
大分は、ここに来てようやく全員がハードワークするかつてのシャムスカサッカーが浸透してきた感じ。後半に失速してシュートこそわずか2本に終わってしまったが、山崎や梅崎のサイドを使った攻撃にはスピードがあって高松もガンバDFに対して脅威を与え続けており、この順位に甘んじているのが不思議なポテンシャルを見せていた。天皇杯が楽しみなチームである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする