アジアカップ・オーストラリア戦に向けて

最近はすっかりツールモードにシフトしてますが、ジーコジャパンに半分あきらめていたとは言え(笑)一応ドイツでは悔しい思いを味わったオージー戦が明日に控えているので、軽く展望を書いてみます。
オーストラリアについてはSopcastでやっていたタイ戦を少しだけ見たのですが、日本戦でも同じように、4バックの2ラインディフェンスを引き気味に敷いて、クロスを跳ね返して長いボールをビドゥカに当て、セカンドボールを拾って連続攻撃につなげるといった形で攻めて来るでしょう。
中澤がビドゥカを自由にさせない事はもちろんですが、ドイツでの試合のようにDFが引いてしまってバイタルエリアをぽっかりと空けるのは厳禁ですし、ロングボールの出所に前からプレッシャーを掛ける事、サイドから押し上げてくるキューウェルやブレシアーノ、アロイージといったところをきっちり見る事が大事になって来ます。ま、その辺はオシムも練習できっちりと対策しているようですが。
日本の攻撃としては、ただ単にクロスを上げてもベトナム戦での巻のようなゴールにはまずつながらないので、中村や遠藤がゴールを決めた時のように、SBの上がりを使ってゾーンの間で早くパスを回し、後ろや逆サイドから詰めてきた選手に合わせるような形が出来れば、オーストラリアも混乱するでしょう。
ただ、GKのレベルがベトナムとは段違いなので、シュートが弾かれる事を計算してゴール前に詰めておく動きも必要になります。その意味では巻や遠藤、中村には期待薄なので(笑)、高原や佐藤寿あたりの得点センスに期待ですね。
明日はツールの勝負どころである個人TTもありますが、まずはアジアカップに集中です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする