今日の毒吐き

しかし策が無いってのも凄いセリフですよねえ・・・
あ、こっから先は恒例のストレス発散毒吐きタイムなので、前向きな意見が読みたい方はウインドウを閉じることをお薦めします(笑)。
ま、ジーコがちゃんと監督業をやっていたかどうかなんてのは、あまりにも今更の話なんで別段これを見てもショックには感じませんし、相手が日本を研究してくる本番では「日本の試合」など出来ない事も分かってましたし、ジーコのチームじゃヒディンク得意の終盤のパワープレイに耐えるには運しかないなとは思っていたので、宮本は想定外と語ってましたが昨日の試合については悪いほうの想定内に過ぎませんでしたね。グループFの組み合わせを見て、これは本大会の結果はボーナスと思ったほうがいいと感じていましたし。
とは言え、さすがにいざ現実としてやって来てしまうとただ凹むしか無く、今は皮肉すら書く意欲がありません。今日もメキシコ対イランの試合を見てましたが(戦評は書く気にならないので省略)、得点結果こそ同じとは言え前半に関しては日本よりよっぽど立派に戦ってましたよ。韓国もトーゴ相手にきっちりと逆転勝ちを収めましたし、ひたすらみじめな気持ちが募るばかりです。
これで日本がグループリーグを勝ち抜くためには、クロアチアには最低勝利をするとして、ブラジルが2連勝をし、クロアチアがオーストラリアを破った上で日本がブラジルに引き分け以上の結果を残すしか無いわけで、可能性としては極めて厳しい状況に追い込まれました。クロアチアは地力ではオーストラリア以上のポテンシャルがあるのは確かなので、初戦のようなコンディションと負けを引きずったメンタルでは2連敗の公算のほうが高いかもしれません。
なんかコンフェデの再現を!なんて書いている人もいますが、結局あの時はブラジルに引き分けてもグループリーグ敗退だったわけで、あんまり希望になってませんよね(苦笑)。だいたいW杯が32チームになってから初戦に敗退して決勝トーナメントに進めた国はトルコのみ、それもグループ最強のブラジルに負けただけですから、日本が勝ち残る確率は4%以下なのは間違いないでしょう。
昨日もジーコのインタビューの後に、尻子玉を抜かれたような顔をした某国協会長の姿がありましたが、今更ながらにジーコを選んだ責任を痛感しているのかもしれません・・・ってそんなタマじゃないか(笑)。まだ日本の敗退が決まったわけじゃありませんが、とりあえず首だけは毎日綺麗に洗っておいて欲しいものですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする