今日の戯言

足は十分止まっていたと思うんですが・・・
まあいい加減このジーコ節にも慣れてきましたけどね(笑)。それにしてもインド戦は、やっぱり鈴木と高原じゃFWによる得点は厳しかったですよね。期待された本山もサイドに流れるばかりで、同じような動きをする中村よりもセットプレイが無いだけマイナスの印象に終わりましたし。とにかくオマーン戦は海外組うんぬんよりも、久保が復活してくれる事を願うばかりです。
また、末っ子のU-17は結局中国に3-1で勝ったものの、北朝鮮がタイに4-1で勝ってしまったために得失点差で決勝トーナメントに進出できなかったようですね。3戦目でようやく本来の力を出すってのはもはや日本のデフォルトですなあ(苦笑)。このU-17はヨーロッパ遠征で結果を出していた年代だけに期待されたのですが、やはり例外ではなかったようです・・・ 「15秒で攻める」とかはどうでもいいですから、メンタルについての指導力を付けるための強化を協会にはお願いしたいものですね。
そして、マスコミの話題的には停電インド戦とプロ野球のオーナー会議の影にすっかり隠れてしまいましたが、徳島の運営法人の社長が決まり、これでほぼJ2への昇格体勢が固まった形になりました。社長が37歳と私と同年代なだけに、余計に頑張って欲しいという気持ちになりますね。
そして「さがらや」さんから熊本に関する情報が。

昨日のコラムにアルエット熊本のことが書いてありましたが、現在それとは別に、熊本にJリーグチームをつくろうという動きがあります。
具体的には、今月2日に「熊本にJリーグチームを」県民運動推進本部が発足しました。すでに県内企業約五十社から協賛を得ており、出資金一千万円以上、運営資金約一億五千万円程度が集まる見込みで、十月中にも運営会社を設立させる方針とのことです。アルエット熊本を母体にするかはまだわかりません。(おそらくすると思いますが)
詳しくは

を見てください。
地元の新聞には、


  • チーム名やカラーも公募する。

  • アルビレックスを目標にしたい。

  • プロ契約選手や外国人選手も獲得する。

  • 将来的には他の競技スポーツにも影響していくと思う。


などとも書かれていました。このことに関するガゼッタさんの私見をぜひお聞かせください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする