今日の戯言

今日は長居にU-23韓国戦を見に行ってきました。いやあ、共感できる代表ってのはいいものですね(涙)。昨日3時まで飲んで睡眠もそこそこに観戦と身体的には疲れましたが、オマーン戦のストレスは吹っ飛びました。あ、U-23の試合を見てジーコに言いたい事が一つ。
平山や田中達はもちろん、二度と大久保や石川、茂庭を召集しないで下さい。
さて、まだ続くA代表話ですが、中田はヒデメールで「結果を出した事が重要」、「他のチームも成長している」と書いて、暗にファンのブーイングを戒めてるようですが、ちょっとこれには残念な思いがしました。
確かに、どんな強豪チームであっても、一丸となって戦う格下チームに苦戦する事はよくある事だし、実際アトランタではそういう風にして日本はブラジルを破ったわけです。しかし、あの試合を見て「ブラジルは弱かった」と思った人がいるでしょうか。たとえ運に見放されて得点が出来なくても強いと思わせるのが強豪としての義務なのであり、その相手からの尊敬を積み重ねる事が未来の確実な勝利につながるわけで、シュートこそ多いものの決定的と言えた場面は中村のシュートだけだったオマーン戦のように、相手に「なんだ、それほど強くないじゃん」と思われる事が、次の試合にどれだけの危機をもたらすか分かっているのでしょうか。そして反省点では「動きの連動性」を上げてるようですが、それは毎回のように挙げられる課題であり、しかもコンフェデからどんどん退化してしまっているわけです。
良い内容で立派に戦って、結果としての0点なら誰もブーイングしません。W杯以来、サポーターのサッカーを見る目は恐ろしく進化しています。今日の長居でも、客席から聞こえた意見はほとんどが的確なものでした。聡明なのは今さら言うまでもない中田ですが、サポーターも97年のままでは無いんだという事に気付いて欲しいものです。
「yu」さんより。

普段はあまり(日本代表に関して)こうゆう所に意見を出したりしないのですが、ジーコに対してかなりの怒りを感じてメールしました。(応援しているクラブの掲示板には意見しています。)
さて、私は代表の試合の翌日テレビのスポーツニュースを見ていました。彼はブラジルに帰ったそうじゃないですか?しかも、カーニバルのため。。。まえにJでもカーニバルに参加するためにチーム合流が出来ずクビになった選手が居たような?普通ならそうですよね。そのときは「まあ100歩譲って国の文化を大事にしているのだろう」と言うことにして怒りを納めました。
話は変わりますが別の番組で野球のキャンプ情報をやっていました。そのなかで長島監督が各チームを回っている様子が映し出された時「はて?」と思ったわけです。
オリンピックがあるのは8月しかも予選を突破しています。かたやジーコジャパンは3月末に予選第二戦があるわけで、しかも今度は内容も充実した物を求められる。あきらかにサッカーの方が切羽詰まっているわけです。ジーコは年始めから代表の合宿をしていて、各Jのチームの様子など見ていないはずです。マリノスやジュビロに関しては既に公式戦が始まっていますしゼロックスもあります。
しかも、今日にはU23の日韓戦もあります。この様な選手を見極める機会が沢山あるにもかかわらずそれ見ずして選手を選べる物なのでしょうか?それでベストの布陣を選べると言うのなら彼は本当の神ですw。
そこで思うのはヤツはよーするに舐めてるわけです。W杯アジア予選を、Jの選手を、日本のサポーターを、、、、こんなヤツには日本のサッカーを託せません。
他にもオマーン戦で39度の熱のある山田を使ったり、去年の日韓戦でも怪我で足を引きずっていた小笠原をフルで使ったり。監督の資質を明らかに欠いています。試合には負けていませんが解任に十分過ぎる理由があると思います。
怒りに感けて脈絡のない文章になってしまいましたが、ぜひコラムでジーコの「日本サッカーに対しての考え方」や「彼の人間性」に関しての意見を聞きたいと思っています。

人間性やジーコ個人の考え方については、直接本人と話をしない限り分かりませんし、私の基本的なスタンスとしては「日本をなめようが人間性が最悪だろうがチームが強くなればそれで良し」なので、ことさら「ジーコはこんな人間なんだ」と論じるつもりはありません。ただ現実は弱くなる一方なので(苦笑)、とっとと解任すべきなのは間違いないんですが。
と言う事で、「ジーコ解任要求デモ」のサイトにリンク(笑)。実際にこれで直接JFAに圧力をかけるというよりは、マスコミの注目を喚起するのが主眼なんでしょうね。実行が明日とかなり急ですが、参加される方には陰ながらエールを送らせていただきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする