ロンドンに向けての大一番、シリア戦展望

明日はいよいよロンドン五輪アジア最終予選シリア戦が迫って来ました。
何となく巷のムード的には、もう五輪行きは決定のような緊張感に欠ける空気が流れていますが、正直言ってそれはかなり危険な状況だと思いますね。
グループ1位を決める条件は、勝ち点で並んだ場合はグループ内での得失点差になるので、たとえ今回シリアに負けても日本が勝ち抜けるチャンスはありますが、シリアとの得失点差は2、得点数では並んでいる状態なので、シリア戦に負けた時点で日本は2位に落ちてしまいます。
シリアがアウェーのバーレーン戦を残しているとは言え、日本もホームでのマレーシア戦ではたったの2点しか取れなかったわけで、清武がリタイアしてしまった上に欧州組の招集がなかなか出来ない状況を考えると、余計に得失点差での決着には期待は出来ません。
となると、とにかくシリア戦は引き分け以上の結果を出さなければならない事は言うまでもありません。
試合会場のヨルダン・アンマンのピッチは降雪で田んぼ状態のようで、日本が得意とするパスワークでボールをポゼッションするサッカーは不可能でしょう。となると、日本はしっかりと守って先制点を許さず、カウンターで得点を狙うサッカーをやるしかありません。
しかしシリアには、非常に強力で高さもあるエースアルスマがいるので、まずは彼をガッチリマークしてフリーにさせず、ロングボールに対するこぼれ球を集中して拾い続ける事が重要でしょう。日本のボランチは、扇原にしても山村にしても決して猟犬タイプではないだけに、あまり安心出来ないところではありますが・・・
攻撃のキーポイントは、やはり永井が復調できているかどうか。最終予選の前半戦は、名古屋での出場機会に恵まれず調子を落としていましたが、本来はこういう状況でこそ最も生きるタイプ。清武に代わっての出場が噂されている東が、カウンターから永井の突破に飛び込んで合わせるような展開を期待したいところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする