「スピードの宮市、キレの安田」オランダ・エールディビジ第22節 フィテッセ-フェイエノールト(1-1)

アーセナルからレンタルでフェイエに移籍した宮市が、フィテッセに移籍した安田との日本人ダービーで初先発。当然、スカパーでは中継がないのでネットで観戦。
途中で結構回線がブツブツ切れたので、細かい試合内容まではあまり分からなかったけど、宮市のプレイ以前にフェイエは酷いレベルのチームになったなという第一印象(苦笑)。はっきり言って、アウェイとは言えフィテッセのほうがチームとしてのレベルは上だった。
何しろ、小野がプレイしていた時のような中盤での組み立てが全く無く、攻撃はひたすら個人プレイ頼みでほとんどチームとしてのサッカーが機能していない。まあ、宮市自体のプレイもサイドに張り付くだけで、オフ・ザ・ボールの動きはまださっぱりダメで後半はバテバテだったし、一応守備には走るけれどもアリバイプレイで実効性が無いので、人のことは言えないんだけどね(笑)。
しかし宮市が一度前を向いてボールを持てば、少しでもマークが外れていると誰も彼のドリブルに追いつけないのが凄い。一度、自陣から単独で相手ゴール前までドリブルで駆け上がった事があったのには笑うしか無かった。まあ、せっかく突破したのに中へのパスをミスして思いっきりカウンターを食らってたけど、その辺はまだまだこれからいくらでも改善できるチャンスはある。次は間違いなく相手も警戒して縦を切ってくるだろうから、そこで何を見せられるかだね。
つーか、それより驚いたのがフィテッセの安田のフィットぶりで、パスやトラップの技術はフィテッセの中でもトップレベルで安定していた。香川もそうだけど、大柄な欧州選手には彼らのようなすばしっこくてキレのある動きは本当に良く効く。けど、ほとんどSHじゃないのかという上がりっぱなし状態で、裏をほとんど省みずに後ろにカバーさせていたのにも笑ったけどね(笑)。
いや~、しかしちょっと前まで日本には中盤のテクニシャンしかおらず、世界に通用するSBやウイングが全然いないと嘆いていたのに、今や完全にそれが逆転してしまったのは本当に不思議でしょうがない。まあCBとCFは相変わらず不足しているけど、それも贅沢な悩みになりつつあるよなあ・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする