「南アフリカの運命やいかに」南アフリカ・ワールドカップ 第7日目展望

もう開幕から1週間になったんですね。まだまだ毎日試合見るのに忙しくて大変だけど、これが決勝トーナメントに入るとだんだん寂しくなるんだよなあ・・・
て事で、今日の見所を軽く。
●アルゼンチン-韓国
好調韓国が、まだ調子の出ないアルゼンチンに対してどういう戦いを見せるか。ここで韓国がドローに持ち込めば、グループリーグ突破に向けて大きく前進する。ポイントは当然、韓国守備陣がメッシをいかにして止めるか、韓国がどれだけ鋭いカウンターを見せられるか。
●ギリシャ-ナイジェリア
ともに勝ち点0で後が無い同士の対戦。さすがにここはナイジェリアが有利だろうが、韓国がアルゼンチンに負けても1点差だった場合、得失点差を考えると3点差以上で勝っておきたいところなので、そこまで欲を出して攻めると足元を掬われるかもしれない。
●フランス-メキシコ
どちらがグループリーグ争いで王手を取るかはもちろん、南アフリカがグループリーグを突破する条件付けとしても重要な試合。ここがドローにならない事には南アフリカにとって非常に難しい事態となる。どちらかに大量点差がついてしまったら、その時点でフランス戦を残す南アフリカはほぼジエンドに。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする