「文字通りの痛み分け」J2第13節 コンサドーレ札幌-大分トリニータ(2-2)

昇格候補と目されながらも、いまだJ2中位をうろうろしている両チームにとっては、どちらにも痛い文字通りの痛み分けとなってしまった。
試合は、大分がキム・ボギョン、札幌が近藤といったキーマンを含め、両チーム共に欠場が多くて通常3バックの札幌が4バック、逆に4バックの大分が3バック(途中から4バックに戻したが)にして来るなど、普段とは違う部分が多い状況ではあったが、攻守の切り替えが早いエキサイティングな試合になった。
その要因となったのはFWの頑張り。札幌のキリノはスピードを生かした裏への抜け出しはもちろん、先制点の場面でDFからボールをさらったように、一瞬のキレとリーチの長さでイーブンボールをマイボールにする能力が高く、大分のDF陣は2人でマークしてもギリギリのプレイを強いられていた。そして大分ではデカモリシ。以前の印象では、体は強いがシュートは闇雲に蹴るだけだった選手だったが、前半30分のゴールのように、フィジカルを活かしてマークをスクリーンしながら冷静に流し込む術を見につけている感じだった。たまたまかもしれないが(笑)。
ただ、両チームともにせっかく高い位置でボールを奪っても、FW陣にボールが渡るまでのパス精度や、タイミングの呼吸と言う部分で足りない部分が多く、こういうところのレベルをもっと高くして行かなければ上位陣に食らいつく事は難しいのではないかと思わされた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする