決勝は青森山田対山梨学院大付属になったけれど・・・

先週の木金と、非常にハードな出張があったせいで、その間の更新はもちろん土曜日もほぼ死んでました(笑)。
なので、一応高校サッカーの準決勝、山梨学院大付属と矢板中央の試合は見たのですが、内容が半分も頭の中に入っていませんでした・・・
ただ、印象としては、矢板のほうは典型的な固く守ってカウンターチームなのは分かるとしても、山梨のほうはボールを大事につなぐでも長く蹴りこむでもない、なんともカラーのはっきりしないチームで、どちらもチャンスがそう多くなかったという感じがしてましたね。
勝敗は、チャンスに決めきれなかった矢板と、矢板のミスにうまく得点できた山梨の差が出たというところでしょうが、もう一方の青森山田のほうの試合はまだ見てませんが、この試合の内容では関西大学第一がいた山のほうがレベルが高いような気がします。
まあ、国立の舞台の準決勝、それも一発勝負とあっては内容よりもとにかく結果なのかもしれませんが、決勝はもっと内容がしっかりしたサッカーになって欲しいところですなあ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする