「シルバーコレクター健在」ヤマザキナビスコカップ2009 決勝 FC東京-川崎(2-0)

やはり、この試合の運命を分けたのは、序盤に訪れた超決定機をジュニーニョが外してしまった事に尽きるだろう。
川崎は、リーグの前節で広島に7-0で大勝したように、ボールをつなげて前に出てくるチームにはめっぽう強いけど、いざ相手に引かれてしまうと途端に川崎自慢の3トップに強引なエゴプレーが目立つようになり、自分たちのリズムを崩してしまう悪癖があるが、ジュニーニョの先制点が入っていれば、前者の展開に持ち込める可能性は非常に高かったはずだ。
しかし、東京がワンチャンスでゴールを決めてしまった事で、後者の展開にはまり込んでしまい、逆に川崎のお株を奪う東京のカウンターが決まって絵に描いたような川崎の自滅になってしまった。森を始めとする表彰式の態度でケチまでついてしまったが、自分たちにも腹が立って悔しさ倍増になる気持ちも少しは分かる。ただ、それを表彰台で表に出しちゃだめだけどね。
FC東京は、カボレや石川の離脱で厳しい状況になってはいたが、それを若手の活躍でカバーできた事が大きかった。GKの権田は年齢に似合わぬ落ち着きと判断、ポジショニングでスーパーセーブを連発し、米本は言うまでも無く先制点の無回転ミドルに加え、守備でも中村憲を封じ込める役割を十分に果たしていた。両者とも、これからA代表を十分狙えるポテンシャルはあると思うし、特に米本のような猟犬タイプのボランチは長谷部ぐらいしかいないので、案外キャップデビューは早いのでは。
あとはやっぱり平山かなあ。ヘラクレスを退団して以来個人的には見限っていたけど(笑)、この試合で久々に見たら良い意味で普通の選手になっていて驚いた。その分、何故か以前の特徴的なプレイの柔らかさが減っていたように見えたが、まあ気のせいかも。代表でやるにはもっと守備の意識が高くならないと岡ちゃんは使いそうに無いけど、W杯本番で容易に高さでやられる状況が想像できてしまうだけに、攻撃の面はもちろん守備面でもオプションに入れておいたほうがいいんじゃないかと思うんだけどねえ・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする