「文字通りがっぷり四つ」J1第28節 清水-広島(1-1)

ともに一括した戦術の元で若手を伸ばし、コンビネーションの熟成で優勝争いに食い込んできたという、Jリーグ優等生同士の注目上位対決。
前日に見た浦和と千葉の試合とは違って、こちらはさすがにミスが少なくボールもスムーズに動き、見ていて飽きないめまぐるしい攻防が続いたが、高さのヨンセンと動き出しの岡崎という前線に強力なポイントを持つ清水のアーリークロスを中心としたサイド攻撃に、ポゼッションで優位に立っていた広島が逆に攻めさせられて苦しんでいるようにも見えた。
が、先制したのは広島のほうで、ミキッチのクロスにオフサイドギリギリで反応した佐藤がコースを変えるシュートを放ち、GKの脇を抜けてゴールに吸い込まれるという、いかにも佐藤らしいゴールだった。しかし清水も徹底してサイド攻撃をあきらめずに仕掛け、前半終了間際にセットプレイで広島の守備が緩んだところを、フリーで抜けた岡崎がアーリークロスをファーにヘディング、これがループシュートのようにゴール隅に入って同点に。
後半は逆に広島が清水の前線マークを強化して引き気味になり、攻める清水とカウンターを狙う広島という構図になるが、CBの高さでは屈指のものがある広島相手にごり押しではなかなかチャンスは作れず、終盤には広島が疲れてさらに清水優位の状態にはなったが得点は最後まで入らず、ホームの清水としては首位には立ったものの残念なドローに終わった。
まさにがっぷり四つの好ゲームと呼ぶにふさわしい試合で、まあ日本代表のために贅沢を言えばもう少し決定機を作り出せる精度やセンスがあればなとは思うが、両チームに特別コメントすることは無い。が、個人で言えば、清水の市川が代表候補にと推されるだけはある、積極的な上がりと彼らしい弾道のクロスが見られて嬉しかった。今回は残念ながら代表には呼ばれなかったが、当然代表で活躍してしかるべき能力を持った選手ではあるので、これからもどんどんアピールして欲しいところである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする