火曜のACLは順調過ぎ、果たして水曜は?

昨日はガンバと川崎のACLグループリーグの試合がありましたが、何故かHDRの録画がされておらず、飲み会の後に川崎の試合を後半から見るだけで終わってしまいました(涙)。
その川崎の試合ですが、後半開始早々にFKからのヘッドをGKが弾いたこぼれ玉をジュニーニョが決めて先制しましたが、その後は大雨でスリッピーになったピッチになかなかスルーパスが通らず、前がかりになったセントラルコーストのフィジカルでごり押しするプレイにも苦しんであわや逆転という場面も作られましたが、またもCKからレナチーニョが決めて決勝点をゲット。同じグループのソウルと山東が引き分けたので2位以内が確定しました。
まあ、あんまりスマートな勝ち方では無かったですが、難しいコンディションと相手でもきっちり勝ちきれた事に経験の積み重ねを感じますよね。つーか、テセみたいな選手が日本にもいれば代表もレベルアップできるんだけどなあ・・・(笑)
ガンバもアウェイでスリウィジャヤを3-0で下し取りこぼし無し。そしてこちらも天津と浦項が引き分けたので2位以内確定。まあ、こっちは勝ち点差から言ってもほぼ1位通過も確定でしょう。
とりあえずこの2チームは順調すぎるぐらいのペースで勝ち点を積み重ねてますが、16強は東アジア勢同士の対戦になるので、日本勢が全て1位通過が理想ですからね。
今日の対戦は、鹿島はまず取りこぼすことは無いでしょうが、問題は名古屋。ニューカッスルのアウェイ戦と言う最大の難関を果たして突破できるのかどうか。ここで負けてしまうと3位降格の可能性が高くなる激戦だけに、負けだけは許されない状況です。外弁慶のガンバとは違って名古屋はどちらもパッとしない内容が続いているので、ここらで結果を出して弾みをつけたいところでしょうな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする