「ノーガードのカウンター合戦」J1第5節 京都-新潟(1-0)

首位と中位同士とは言え、堅い守りからの速攻を特徴とする両チームの対戦は、予想通りなかなかスリリングな展開になった。
前半はホームの京都がペースを握り、2トップにして中盤での数的優位を作り出し、ボールを奪って早く3トップに渡す新潟の攻撃に対してスペースと時間を与えず、強い当たりの守備でクサビのボールをことごとく跳ね返し、新潟の一瞬の隙を突いた先制点の後も、パウリーニョのスピードを中心としたカウンターで新潟のゴールを脅かしていた。
後半になると、前半はカウンターを恐れて引き気味になってしまっていた新潟のDFラインが積極的な押し上げを見せられるようになり、後半になって徐々に疲れが見え始めた京都の守備を、新潟自慢の3トップが個の能力を生かした突破で切り裂き始め、今度は新潟が何度もチャンスを作ったのだが、GK水谷の好守備やラストパスの精度の問題で得点できず、結局スミ1という形で京都が逃げ切った。
どちらもボールを速くつないで攻め切る形を持っているチームだけに、カウンターのチャンスでは高い確率でボールがゴール前まで動く面白い展開が続くゲームだったが、どちらも最後のプレイの選択や判断、精度という点では物足りないものがあり、今後優勝争いに絡んでいくためには、そこの部分をどれだけ向上させられるかどうかがポイントになって来そうだ。
それにしても、京都は柳沢が怪我でいなくても2トップがパウリーニョとディエゴ、控えに豊田ってのは贅沢だよね(笑)。新潟はやはりマルシオの欠場が痛かった。彼がいれば、もう少し前半の京都の守備に対して起点を作れただろうし、後半もラストの精度が上げられただろう。復帰までどれだけ辛抱出来るかだね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする