「まだまだ道半ば」ナビスコカップ予選リーグ 広島-浦和(1-0)

今日2件目のエントリーなのでごく簡単に。
チームとしては完全に完成していてJ1レベルでも屈指のパスワークを見せる広島が相手だけに、浦和のチーム完成度の低さが浮き彫りになった試合だった。
浦和は前回見たときに比べると、ボール回しをシンプルにしようという意識は見えたのだが、攻守両面に置いて広島と比べると動き出しが鈍く、攻守が切り替わった場面で傍観して歩いている選手が多いために、選手の動きがまるで連動してなくて全てにおいて後手に回ったサッカーになってしまっていた。
特にチームの要となるはずの鈴木の動きが非常にちぐはぐで、阿部の代わりに先発で起用されたルーキーの山田が不安定なポジショニングをしているのにも関わらず、無駄にあちこちに動き回ってバイタルエリアをおろそかにしてしまい、その分ポンテが後ろに引っ張られて浦和の攻撃に怖さが無くなる原因を作ってしまっていた。
後半になって浦和全体が押し上げを強めたおかげで多少アラは目立たなくなったが、一時は代表の中心選手として欠かせない選手だっただけに、高原と同様に未だに低調な出来なのは残念と言うしかない。
大分も内容で浦和を大きく上回りながら、得点は佐藤寿によるスーパーゴール1点だったのは寂しい得点力である。後半は浦和のごり押しにあまりDFラインが上げられずに苦しい展開を強いられただけに、やはり前線でしっかりボールをキープ出来る駒が欲しいところである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする