J1第28節 川崎-大分(3-0)

大分の意外な大敗。そこには、紙一重のバランスの崩れで一気に形勢が変わってしまうサッカーの怖さが垣間見えた一戦だった。
最近の大分の攻めはまずウェズレイにボールを預け、そこでボールをキープしている間に全体がコンパクトさを保ったまま攻めあがるパターンだったのだが、そのウェズレイがいなかったおかげでバックラインからの組み立てがまるで定まらずにミスを連発し、特に前半は全く試合になっていなかった。
逆に川崎はそのミスを逃さず、大分の重心が前に移ったところですかさず中村憲を中心にDFラインの裏へと素早いパスを送り出し、いつもであれば中盤とのコンパクトなサンドイッチでどんな攻撃をも封じる大分守備陣が川崎の3トップに対して1対1での応対を強いられてしまい、そこをブラジル勢のスピードで制され、一気に前半のうちに勝負をつけられてしまった。
後半になると大分はウェズレイパターンであるFWのポストプレイからの組み立てを放棄し、サイドを中心とした攻めで川崎を攻め立てはしたが、やはりウェズレイを欠いた前線の力不足は否めず、しっかりと守る川崎の守備を最後まで崩しきる事は出来なかった。
今節は優勝争いをしているチームはどこも大きく勝ち点を伸ばせなかったので、これでJ1はさらに大混戦になるね(笑)。大分はこの試合を早く忘れて、ウェズレイがいる時のパターンをきっちり守り抜いたサッカーを素早く思い出せるかどうかが優勝争いに残るカギになりそうだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする