ジロ・デ・イタリアと森本招集

昨日は酒を飲んで帰ったのでサッカーはパスして、ジロの第6ステージを寝転びながら眺めておりました。
やはりジロはツールドフランスに比べると選手ものんびりしたもので、今日行われる今年最初の山岳ステージを控えてか第5第6と簡単に逃げ切り勝ちが決まってしまいました。序盤戦を見るとリッコは好調そうですが、ベッティーニにいまいち元気が無いのが残念ですね。
今年のジロは第3ステージまではシチリア島を走るコースで、第3ステージのスタートは森本がいるカターニャだったのですが、本当に山と海の間にへばりつくような風景で、とうていセリエAのクラブがあるとは思えないほど田舎でボロい街だったのにはビックリしました。
カターニャに限らず、イタリアでも貧しいといわれる半島南部の町に比べて、シチリアの町は輪をかけて街並みがボロく、本当によくこれでパレルモとかカターニャが1部にいてられるよなと思わずにはいられませんでした。こんな貧しくて小さな町のクラブがミランやユーベと戦っているのですから、そりゃサポーターが熱狂的なのも当たり前ですよね。
森本と言えば、ようやくU-23のツーロン遠征で代表に選ばれたようですね。最近は怪我がちなのが心配ですが、持っているポテンシャルは当然現五輪代表とは比べ物にならないはずなので、何とか活躍して欧州市場での評価につなげて欲しいところです。浦和のエスクデロもなかなか見られない選手だし、スカパーの放送も決まったようなので楽しみですね。
そしてA代表のキリンカップには、松井・中村・長谷部の欧州組の招集ですか・・・ま、こちらは怪我せずにほどほどでやってくれればいいです(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする