フランス・リーグアン第32節 サンテティエンヌ-ルマン(4-1)

てなわけで、この試合については簡単に。
松井に正式なオファーを出したとされるサンテティエンヌとの試合。
最近勝ち星が無かったルマンが、33分に松井の変態ジンガドリブルからのクロスを最後はルタレクが押し込んで先制したものの、ルマンDF陣が1トップのゴミを押さえきれずに起点を作られ、コレクティブで運動量豊富なプレッシングサッカーを見せるサンテティエンヌに次々とカウンターから得点を許して惨敗。松井もクリアミスで3失点目の起点になってしまった。
しかしルマンはチームと言うよりも選手個々の調子が良くないね。特に後半は守備陣が全くプレス負けしてしまってバイタル空け通し、頼みのデメロが怪我して交代が役に立たないサマサではねえ・・・チームのこういう方針が選手に影響を与えている可能性もあり、あまりこれからも浮上は望めない感じだねえ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする