バーレーン戦の展望を一応書いてみる

今晩はいよいよアジア3次予選のバーレーン戦ですね。
2位までが最終予選へと進めるレギュレーションや、今や日本・韓国・イラン・サウジに続くアジア第2グループの地位を築いているバーレーンとのアウェイ戦というところを考えれば、とりあえず引き分けか1点差までの敗戦なら良しとするべきなんでしょうが、一応世界3位が目標の岡田ジャパンとしては(笑)こんなところで苦戦していては話にならないので、内容をきっちり検証する必要があるでしょう。
まず代表がこの試合で見せなければならないのは、バーレーンを圧倒するボールポゼッションとカウンターの出所を自由にさせない高い位置からのプレスですね。そのための連携と運動量、そして、相手の出足に負けない集中力。
昨日は新潟対FC東京の試合を見ていましたが、前半と後半で両チームの内容が見事なまでに逆転していたのも、ぼんやりと試合に入ってしまった新潟のメンタルと、動き出しと押し上げが無くなってしまったら一気に防戦一方になってしまった東京の運動量と応用力不足が原因でしたからね。東アジア戦までの、まるで連携が取れていない足を止めての短いパス交換なんかをバーレーン相手にやってしまったら、あっという間にカウンターの餌食になってしまいますよ。
まさか、岡ちゃんもSB内田+1ボランチのような「攻撃的」スカスカサッカーはやらないと思いたいのですが、こればっかりは実際に試合が始まってみないと分からないですからねえ・・・試合後にここが愚痴大会になってしまわないような試合をお願いしたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする