キリンチャレンジカップ 日本-ボスニア・ヘルツェゴビナ(3-0)

久々に見た爺さんは結構やせたけど、目に力もあったしなかなか元気そうで良かった。
試合も3-0で勝ててよかったんだけど、ボスニアのコンディションはチリとは段違いで、前半はほとんど前には出てこずに自陣で守備の網を張るサッカーに終始し、後半になると早くも足が止まって日本はサイドで自由にボールが持てて、日本が先制点を決める直前ぐらいから集中力も切れてた有様だったので、残念ながらチリ戦に比べてどうかという判断材料にはならなかった。
とは言え、さすがに2戦目とあって多少良くなった部分があったのは確かで、妙に狭い中での局面打開にじょだわらず、中村憲を中心としたサイドチェンジやシンプルに裏へ出すパスが織り交ぜられ、チリ戦のような閉塞感は減ったように思う。
ただ、岡ちゃんが試合後の会見で語ったように、1ボランチにして前に人数をかけるサッカーでは中盤での安易なパスミスはスピードのあるタイ相手では致命的なピンチにつながってしまうだけに、コンビネーションもろくに出来ていないのにワンタッチパスでの仕掛けが妙に多かったのはいただけない。同様に、肝心な場面でのトラップが浮いたりする場面も多く、慎重になるのではなくて確実に意思疎通が出来た攻撃を心がけて欲しいところだ。
タイ戦については、やはり高さが効くしコンビネーションの熟成も必要なのでFWは巻と高原でいいだろう。トップ下は大久保がこの試合のような調子をこいたプレイばかりをするようなら山瀬でもいいかもしれないけど(笑)。しかし、このチームはいつの間にか中村憲のチームになったよなあ・・・もちろん鈴木は外せないし、稲本はもっと頑張らないといかんよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする