天皇杯準決勝2試合

冬休みモード突入中につき簡単に。
G大阪-広島(1-3)
いや、広島が強いというべきかガンバがカウンターに弱いというべきか。
とにかくガンバにとってはしょっぱなの失点が全て。これで広島が守備に集中してしまい、前線に高さが無くてバレーの切れがいまいちで、引かれるとなかなか点が取れない今のガンバの課題がさらけ出されてしまった。全体的な運動量も広島のほうが上回っていた。逆に広島は佐藤の調子が復活したのが大きいね。まあ内容からして順当な結果。
川崎-鹿島(0-1)
両チームともに攻撃がワイドで早く、攻めきる意欲も高くて非常にスピード感あふれる好試合。
運動量と1対1の強さで要所要所で川崎が鹿島を上回っていたが、何度かあった決定機を曽ヶ端にことごとく防がれ、逆に鹿島はその曽ヶ端からのロングフィードから本山がダイレクトボレーで一瞬にして点を取ってしまったのだから、鹿島は運が良いと言うか試合巧者と言うか。
川崎も負けたとは言え伊達にACLでグループリーグを突破したわけではない強さを見せ、来期のJ1では確実に優勝争いにからんで来そうだ。あとはジュニーニョ頼みの決定力をどう補っていくかが引き続き課題になるだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする