代表監督界隈の動向

いや、それはかえって逆効果なんじゃないかと(笑)。
しかし生死をかけた闘病中に監督を事実上解任させられてしまったオシムの心中は察して余りありますよね。おそらく、オシムはそれを態度や表情に大きく出すような事はしなかったでしょうし、もし本人が監督復帰の意思を見せたとしても家族は絶対に反対するでしょうが、「年内は回復を待つ」という最低限の筋も通せなかった協会に代わって平謝りしたいところですよ。
だいたい、今まで岡ちゃんが代表監督らしい仕事をしたのは、記者会見に1日だけの練習試合、そしてタイの視察ぐらいなもんで、いったいそれのどこが日本サッカーの危機なのかと(苦笑)。
ぶっちゃけ、カピタンらはこの機会に早稲田の後輩である岡ちゃんを協会の本流に復権させたいという思いが少しはあったんでしょうね。スポンサー筋としても、ほとんど一般客受けの事を考えない選手選考をし、記者会見でもレベルの低い質問には皮肉で返すオシムよりも、「最後は岡野~!!」で代表バブル勃興時代のイメージが定着し、会見でも率直明快な岡ちゃんのほうが受けが良いに決まっています。つーか、既にマスコミは右に習えで岡ちゃん大歓迎ですからね(笑)。
まあ岡ちゃん自身が9年前にそれで痛い目に遭っているので、周囲の雑音がどれだけ代表の強化に悪影響を与えるかは重々理解しているでしょうが、先輩に頭を下げられたら無下には出来ないのが体育会系学閥の常ですからねえ・・・何とかして協会周辺だけ一気に10年ほど時間が進められないものか(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする