ACL準々決勝第2レグ 川崎-セパハン(0-0PK4-5)

こちらは試合展開も内容も予想通り、そして結果もまた悪いほうに予想通り・・・当たり前だけど、サッカーは点を取らないと勝てないんだよね。
確かに、この試合でも前半の2度の決定機をGKに阻まれ、後半序盤の山のようにあったセットプレイのチャンスをことごとく物に出来ずと、第1戦でのチャンスを含めて最近のリーグでの不調を象徴するような決定力不足が敗退の原因になったのは確かだ。が、セパハンがうまく守っていたとは言え、両チームの力量を考えれば川崎が作り出した決定機の数がそれほど多くなかったのも事実である。
それは、マギヌンやジュニーニョの不調、中村がいないととたんに前への推進力を失う攻撃、そして彼らに代わる選手を送り出せない、浦和とは比較にならない選手層の薄さという部分が大きいように思う。また、相手が1トップなのにずっと3バックでサイド攻撃が薄かったフォーメーションを見ても、引いた相手を攻めきるだけの戦術的な幅に欠けていた面もあった。
十二分に勝てた相手だけにこの結果は非常に残念だが、選手層や経験の面を考えれば事前の予想よりもはるかに健闘したと言え、他のJクラブに勇気を与えたのは間違い無い。次こそは万全の体制で優勝を狙って欲しい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする