アジアカップ グループB 日本-UAE(3-1)

いやもう、とにかく高原&審判様々(笑)。
試合の序盤は積極的に前に出るUAEにパスをつながれてゴール前まで幾度も迫られ、攻撃になるとフリーの選手がいるにもかからわずに足元への短いパスをつなぐばかりで、これはどうなる事かと思ったら、22分にリスタートからうまく高原がヘッドを決め、これでUAEは浮き足立ったのか、5分後に高原にマークをつけていながらボールが入っても何もせずに振り向かれて2点目と効率よく日本が得点。
ここから突然日本の動きが良くなり、いきなり間の選手と飛ばすパスやワンタッチパスが増えてUAEを揺さぶり、42分にクロスを上げた遠藤の足をGKが払ってしまってPK。とは言え、通常ならボールを離した選手とGKの交錯はまずファールを取られないし、クロスに高原が神の手を使おうとしていたので(笑)、これもファール以降のプレイとされてお咎めなしと、日本には二重にラッキーが訪れる。
しかし日本が良かったのもここまでで、後半8分にUAEの選手が退場した後はいきなり内容が悪くなる。日本は選手の足が止まって集中を欠いたプレイが見られるようになり、選手が動かないにもかからわずに中村が難しいオシャレプレイを連発、そこからボールを奪われてドリブル突破からスルーパスを決められあっさり失点。その後も、UAEがサイドに張ったマタルへのロングパスしか攻め手が無いのにボールの出所やマタルへのマークがあいまいで、危うく決定機という場面を何度も作られてしまった。
鈴木に代えて今野を入れて3バックにしてからは、UAEのスタミナが切れたこともあってようやく落ち着いて逃げ切れる体勢を整えられたが、大熊コーチの大声が通らないぐらいに客が入っていればどうなった事か(笑)。
ともかくこれで日本はグループ首位に立ったが、ベトナムとは引き分け以上の結果が必要になって来る。選手が動かないとろくにチャンスが作れず、決定力は高原頼み、チームをしっかりまとめられる選手もいない現在の状態では、圧倒的なスタミナを誇るベトナムが相手では前半に2点は取っておかないとまた苦しくなりそうだ。オシムにはコンディションを見極めた選手起用をお願いしたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする