大分対鹿島

昨日は神戸で行われた南インド料理の調理・食事会に出かけていまして、その後酔っ払った頭で大分対鹿島の試合を見ていました。
当然ながら、試合の流れはあんまり頭に入ってなかったのですが(笑)、大分で前田俊とグルノーブルから復帰した梅崎がフレッシュな働きをしていたのが印象に残りましたね。やっぱり、才能のある選手のプレイを見るのはいいものです。
Jリーグとフランスリーグというレベルの違いはありますが、両者共に守備の問題があって起用されなくなっていたという事実があったようには思えない奮闘振りでした。特に、今の各年度代表についてはまず攻守ともにしっかりと走って働ける選手でないと選ばれない基準になっているので、シャムスカ監督にがっちり鍛えられて欲しいところです。
でも下川はセレッソの時とあまり変わらないプレイ振りでしたね(笑)。なんでU-22代表の西川は起用されてないんでしょうかね?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする