キリンカップ 日本-モンテネグロ(2-0)

モンテネグロがアレだったのであまり語る事は無いんだけど(笑)、まあオシム監督の会見どおり、良いところもあれば悪いところもあった試合というところだろう。
良い点は、さすがに最後はバテてしまったが、それぞれの選手がしっかりと走れていて攻守のバランスが取れていた事。そして遠藤や中村憲に代表されるように、国際試合のレベルの中でも実効性のあるクリエイティビティを発揮できるぐらいに選手が成長している事だろう。
悪かった点は、オシムの言葉によれば選手が個人プレイに走った事になるのだろうが、個人的にはやはりフォーメーションとメンバーが大きく変わったので仕方ない面もあるにせよ、攻撃面でオシムサッカーらしいダイナミズムが見せられなかった事が挙げられる。
相手が引いていてサイドの縦を切っていたのでサイド攻撃が難しかった面はあるのだろうが、それだけになおさらFWへのクサビのパスでDFを引き付けて2列目が飛び出したり、大きなサイドチェンジで相手のゾーンを左右に動かすような組み立てが必要だった。駒野から高原の得点は見事だったが、もっとそういう場面を作らないといけないはずだ。
うーん、この試合じゃこれぐらいしか書くことが無いや(笑)。コロンビア戦ではもっと歯ごたえのある内容が見たいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする