CLつれづれ

昨日行われたACLのもう1試合は、川崎が全南に3-1できっちり勝ったようですね。
浦和がまだシドニーとの決戦を残しているのに対し、勝ち点が同じなら当該国同士の勝敗・得失点差が優先されるACLのレギュレーションにより、ライバルにアウェイで勝利した川崎はこれで1次リーグ突破が見えてきました。それにしても、まだ川崎がバンコク大学戦のように取りこぼしをする可能性があると言うのに、全南の監督はちょっとあきらめが早すぎますよね(笑)。
ACL出場チームの中では、城南一和やアデレード相手にここまで全勝している山東魯能の評判が高いようですが、川崎と浦和には何とか勝ち上がってもらって、代表戦に通じる楽しさがあるACLへの世間の注目を集めて欲しいところです。
そして欧州のCLでは前日のマンUとチェルシーに続いてミランとリバプールが勝ち上がりましたね。これで4強のうちなんとプレミア勢が3クラブという事になってしまいました。イタリアがスキャンダルで激震し、スペインもかつての勢いが無い中で、今は資金力のあるプレミアに個人能力の高い選手が集まっているのですが、それが如実に現れた結果になってますね。
個人的には、今晩は川崎の試合を見る予定ですが、CLの試合も早く見たいなあ・・・時間無いけど。
などと思っていたら、悪天候で順延になっていたペルシク・ケディリとシドニーの試合はなんとペルシク・ケディリが勝ったんですね・・・いやアウェイはこれだから怖いですよねえ。浦和は次が反日中国アウェイなので、何とか星を落とさないように願いたいもんです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする