親善試合 日本-マルタ(1-0)

唯一の見所は相手GKのパフォーマンスだったかな(笑)。
という半分本気のジョークはともかく、ジーコジャパンがコンビネーションが命のチームであるだけに、サブメンバーが入ったら一気にチームとしてのパフォーマンスが落ちると言う現実を突きつけられた試合であった。採点だけで言えば、大黒、小野、小笠原、稲本、中田コは平均以下である。
確かにマルタは守備の集中力が非常に高く、常にスペースを埋める動きをして中盤ではファール覚悟で厳しいアタックに行くなど、さすが普段強国を相手にしているだけの守備を見せていて、それに対して日本は最初こそ早いパスワークを見せたのだが、相手が日本を待ち受ける守備に切り替えたとたんにダイナミズムは失せ、FWの玉田と大黒には全くクサビのパスが入らず、うろうろとパスの出しどころを探しているうちにボールを奪われ、マルタに優れたFWがいれば確実に失点もののピンチを作ってしまっていた。
フォーメーションも途中から4バックにしたり1トップにしたりと目まぐるしく変えてはいたが、結局何をどうして誰にしても、縦に入ったボールに対してのフォローと周りの動き出しがこのチームの生命線であり、それを一番分かっている中田が早くて鋭いパスでメッセージを送っていたのだが笛吹けど踊らす、といった結果になってしまった。
とは言え、こちらが先制しても攻めに出ずに守りを固める相手であればこういう試合になるのは強豪国でもよくある事で、攻撃に関してはそれほど悲観するような気持ちは無い。高原と柳沢がちゃんと復帰してくれればだが(笑)。それよりも、ドイツ戦で露呈した守備の課題の練習が全く出来なかった事に不満と不安が大きい。三都主も相変わらずマーキングが甘いし(苦笑)。
とにかく泣いても笑っても次の試合が本番である。とりわけ初戦のオーストラリアと、ブラジルに星を落としている公算が高いクロアチアが序盤から飛ばしてくることは間違いなわけで、それに対してどこまで自分たちの中で確固としたイメージに基づく守備のトレーニングが出来るかどうか、この日は低レベルだったフィジカルと集中力を上げて行けるかがカギになって来るだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする