今日の戯言

はあ・・・やっぱりこういう事をやっちゃうんですね・・・
いや、反町さん自体はそれほど悪い監督だとは思ってませんけどね。お題目ばかりで肝心の中身がふにゃふにゃだった前任者や、とにかく守備を固めるだけで精一杯だったワールドユース監督に比べれば、新潟での仕事などを見ていても自分の戦術論をしっかりと持っていて、チームの戦力と戦術のバランスを取って結果をある程度出せる、つまり一言掲示板のほうでサンちゃんさんがおっしゃったような「チームをプロデュースする」能力を持っている数少ない日本人監督だと思います。まあ、新潟時代の終わりにはバルサを目指して玉砕はしましたが、さすがに五輪ではそこまでやらない・・・かな?(笑)
ただ、これからの4年間というものは、今までの4年間とは違った戦略が必要になって来るのも確かで、次のW杯ではまだ小野や高原、稲本といったナイジェリアユース世代が代表として働ける年代なのは確かでしょうが、選手としてのピークはおそらくギリギリといったところであり、前回の五輪からドイツに行けるのはまず松井のみという現状を考えても、さらなるフル代表への底上げ努力をしなければならないのは明白です。極端に言ってしまえば、五輪代表の方を優先して高いレベルの監督を招聘し、五輪できっちりと高い経験を積んで結果を出してからフル代表の監督へと昇格させてもいいぐらいだと思ってるのですがね。
それでもこの人選を行う協会ってのは、よっぽど先を見ていないのか、最近底が尽きてきた「大事な男」候補を補充したいのか・・・ってまあ言うまでも無く両方なんでしょうが(苦笑)、せめて反町さんが協会に「オシム監督をスーパーバイザーとして付けてくれないと引き受けない」ぐらいの注文を叩きつけてくれればもう少し気分が明るくはなるんですがねえ(笑)。 
たけいさんより。

5月9日の「今日の手抜き」のDF陣に関してですが、中澤選手はJで絶不調、宮本選手は疲労のピークなので、あえて使うジーコの方を責めるべきでしょう。
で、とりあえず一言「田中選手がガンダムオタはガチ」

ガンダムオタはともかくとして(笑)、絶不調であろうが過労であろうがあのお方は躊躇無く使うので、これから1ヶ月、何とかして調子を取り戻すように祈るしかないですなあ。ああ、やっぱりとうてい気分が明るくはなれないや。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする