今日の戯言

村井選手のいち早い回復を祈っております。
村井はクロスの精度やテクニックという面では三都主に劣りますが、足を止めてのプレイが多くて守備をおろそかにしがちな三都主に比べて、上下動を厭わずにスペースを突いて流れに乗ったプレイを仕掛けられるという点で、戦術的には3バックの左としてより適任だと思っていたし、おそらくジーコはサイドプレイヤーとしては中田コ、加地、駒野を選ぶのでしょうが、これから一ヶ月の間に三都主に何かあればメンバーに入る事は間違いなかっただけに、この怪我は本当に残念です。
さて、昨日のブルガリア戦の中継や今朝のマスコミ報道を見ていると、中盤のW杯メンバー争いよりもFW、それも巻や砂糖よりも何故かやたらと玉田がメンバー入り出来るかどうかに注目が集まっているような気がするのですが、私の気のせいなんでしょうか?
ジーコジャパンにおけるFWの役割としては、まず前線で体を張る第1FWと、スペースを突いたり中盤の構成に参加する第2FWに大きく分かれていると思ってますが、そこからメンバーを詰めて行くと、まず第1FWでは久保・高原・鈴木・巻、第2FWでは柳沢・大黒・玉田・佐藤の争いになり、その中から各2名が選ばれる事になる感じでしょうか。
それも、順列はほぼ書いたとおりの順番でジーコの頭の中で固まっているのは明らかで、鈴木と巻、大黒と玉田の順番が微妙なぐらいの他は、怪我などのアクシデントが無い限り前から2名ずつで決定でしょう。そう考えると、宇都宮氏が書くように佐藤や巻の頑張りは切ないものがあるんですがね・・・これも次のW杯への経験と切り替えるしかないのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする