今日の戯言

ううむ、今節で神戸のJ2降格が決まってしまいましたか・・・三木谷氏がオーナーになって、クラブの営業力は飛躍的にアップしたものの、肝心のチームの力が監督の度重なる更迭によって最後まで噛みあわずにここまで来てしまった印象がありますよね。セレッソや大分を見ても、今のJ1はいい意味でも悪い意味でも、選手の総体的な質よりもチーム戦術の完成度で順位が決まってしまうのは確かなので、他のクラブにとっても決して他人事ではありません。神戸はこれを苦い薬として、優れた指導者の下できっちりした体勢を早く作り上げて、1年での復帰を目指して欲しいです。
そして上位はガンバがお約束のように負けて、鹿島が引き分け、セレッソと浦和が勝ちという事で恐ろしい事に4位までなんと勝ち点4という超団子状態になってしまいましたね。しかしセレッソが川崎に完勝したとは驚きでした。セレッソは本当に強くなったんですねえ・・・
今日は所用の後に鹿島と大分の試合を見てましたが、両チーム共にまさに「守り合い」といった言葉がピッタリ来るソリッドな試合でした。鹿島は終始ポゼッションを維持して縦パスの交換から大分陣内へと攻めていたのですが、きっちりとマンマークを維持して一人がカバーに入り、中盤もエジミウソンが常にパスの出しどころをチェックする大分の堅い守備の前に1点に抑えられてしまいましたね。失点もほとんど偶発的な(岩政の手によるアシスト?)形で取られたという事で鹿島は運がありませんでした。いや、本当にJ1の勝負は紙一重ですなあ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする