今日の戯言

いよいよ明日は運命のオマーン戦ですね。私もすっかり気合のテンションがピークに・・・と言いたいところなんですが、ここのところの多忙と相変わらずのジーコジャパンのグダグダトラブルのニュースのおかげで気分的な盛り上がりはさっぱりです(笑)。
そんな中、unnamedさんからデイリーヨミウリ紙のマイケル・チャーチ氏による記事をいただきました。全部の転載はさすがにちょっとまずいのでマチャラ監督のインタビュー部分のみをここに載せます。

Oman coach relishes underdog role
“I can’t say I’m confident, but everything is open,” the burly
Czech told The Daily Yomiuri. “Japan is strong because of the strong
quality of the league. Japan was always favorite for me before the
group kicked off.
“My goal was to prepare trouble for Japan and now we are going
shoulder to shoulder with them. But we must respect the quality of
our foe, this is important.”
“We have seven players now playing outside Oman and I had to use
this game as preparation for Wednesday,” said Macala. “We have
everybody together for 10 days. Iraq is always a strong team and they
played with their usual style, very strong and physical. The result
wasn’t important, it was just important I saw the players.
“Against Japan it will be different. A friendly game is a friendly
game. After this game only the winner can continue and the loser is
finished. And if we beat them 1-0 then it will be interesting because
it goes down to the last game.”
“We are not under pressure, this is different to Japan,” said
Macala of the low expectations on his side. “If we draw 0-0 everybody
will be happy. Oman can’t compare to Japan, but of course if we are
knocked out we will be disappointed. But if Japan loses it is a big
shock.
“Maybe we have a 10 or 20 percent chance but we have got an
opportunity. We know what we have to do. It’s clear. I’m a coach and
I want a good result. We have fantastic players and in football you
never know.”
“Sometimes football has no logic and before the game kicks off we
are in a nice position,” he said. “We are not out of the competition
and that’s the main thing. Now the Japanese can’t say they are coming
here for a nice trip.
“Our chance is here because we are playing at home with our
supporters and Japan is stronger in Japan than outside. I’m happy
this game is here. The Japanese can’t sleep quietly until the 90
minutes are over.
マチャラさん、結構自信ありげです。このChurch
氏(以前AFCでウエブニュースや広報誌を担当していた人で、アジアのサッカーに関しては一番精通している人物の1人です)とは知り合いで、聞いたところでは、監督曰くマスカットは現在日中37度を越すそうで、やはりかなり暑いそうです。一部の報道では、他の湾岸諸国に出ていった選手たちが揃わないのではないかという憶測がながれていましたが、記事中にもあるように、1週間前にはすべて監督の指揮下に入っており、周到に準備を進めているそうです。

インタビューでは、日本と違って我々にプレッシャーは無いとか、日本はアウェイだからホームほど強くないだろうとか、ジェレミーさんのコラムの見解とは全く逆なのが面白いですね。しかしジェレミーさん、「鈴木のゴール」と書かないところが正直過ぎます(笑)。
まあ、アテネのように過緊張まで行くとさすがにまずいですが、プレッシャーが無いとえてして守備の集中力を欠いてしまったりするもので、リラックスしているから良いとは一概に言えないところがサッカーの面白さでもありますし、試合の得点や流れでメンタルは一気に変化してしまうものなので、試合前の状態を議論しても意味がありませんよね。
それに、日本の「アウェー・アドバンテージ」には、メンタル面以外にも、ここでも度々書いている「攻撃的になると間延びしてカウンターを食らう」ジーコジャパンの欠点を表しているとも言えるんですよね。従って、オマーンが序盤から飛ばしてくれるほうが日本にとってはいいと思うのですが、なにせ相手が策が大好き(笑)なマチャラ監督ですから本当に試合展開が読めません。
さて、明日は気持ちよくサイトの更新が出来るような結果を見たいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする