今日の戯言

今日は「ジョン・カビラの夢のマッチアップ」を見ていたのですが、高原がロングインタビューに答えていて、アルゼンチンで経済が破綻したときのハプニングや代表でのコンビのFWは誰が良いかなど、いろいろと興味深い話が多かったので必見です。あとフジテレビ739ではW杯1974年大会をこれから2年かけて振り返ると言う恐ろしく気の長い特集が始まったのでこちらもどうぞ。
大久保のA代表と五輪の兼任問題ですが、予想通りクラブ側が折れる事になったみたいですね。トルシエ時代には強化委員会がうまくまとめられずにクラブとの対立がやたらとマスコミのエサになっていたわけですが、その点カピタンは抜かりは無いようで(苦笑)。でも、海外組がいないからと言って「スター」大久保でファンを釣ろうとしても、結局サッカーの内容と結果が伴わなければガンバと同じですよ、カピタン様。
そして、いつの間にかマレーシア戦が明日に迫って来たそのA代表ですが、未だに3バックだ4バックだとかいったい何をやってるんでしょうかね。だいたい、三都主はクラブでずっと3バックをやっていたのですから、3バックのほうがやりやすいのは当たり前です。それでも4バックの方が戦術的なメリットが大きいのならば、それこそ「型にはめて」選手に体で覚えさせる必要があるのですが、パターン練習が無い上に中途半端に東アジア選手権で3バックで戦ってしまったもんだから、選手にも「3バックでもいいんじゃないの?」という意識が出るわけで、そうなるとどんどん自分たちがやりやすい形に流れていってしまうのが自然でしょう。マレーシア戦では4バックで行くとジーコは語ってますが、果たして選手もファンも納得出来るだけの内容と結果を出せるのでしょうか。
さて、イルハン移籍もいよいよ秒読みとなって来たらしい神戸ですが、どうやら楽天でチケットの先行発売をする事が決まったようですね。それを考えるとあと2日で移籍交渉をまとめ上げ、先行販売開始と同時に移籍発表を行い、ネット販売をアピールして開幕戦満員というのが戦略的な狙いどころでしょう。・・・ってなんか久しぶりに「戦略的」という言葉を書いたような気がするなあ(笑・・えません)。
最後に国見の小嶺先生のインタビューを紹介。雲仙にクラブを立ち上げると言う話は無かったという部分は残念ですが、やっぱりこの人が一番大久保の操縦法を分かってるんだなと感じますね。まあでも怒り役は森島や西澤にはちょっと期待できないので(笑)、国見の先輩である都築や三浦アツに頑張ってもらいましょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする