今日の戯言

しかし、ちょっと気が早過ぎないですか?
あと勝ち点1が条件とは言え、次節新潟が負けて広島と川崎が勝ってしまったら、最終戦に絶対に負けられなくなりますからね。そうなると大変なプレッシャーですよ。今新潟にとって一番怖いのは福岡でも何でもなく「油断」という二文字でしょう。
ところで、昨日ちょっと調べていたら、Google i-modeで検索すると、このサイトがi-modeでも読めるように成型表示されるんですね。これは今まで知りませんでした。携帯ご利用の方は是非。
そして新たに登録リンクの方によっちさんの「よっちのお部屋」、怠惰屋さんの「URAWA
MANIAC」
、高須さんの「サヴァイヴァーズ・バンケット」を追加しました。もし掲載された方で説明文をこう変えて欲しいと言うのがあればご連絡ください。
さて、「ふむふむ」さんから早速U-20オーストラリア戦のの現地レポートをいただきました。いつもありがとうございます。

2ヶ月ぶりに生観戦すべく(!)国立へ行って来ました。仕事も放り出し、30分ほど都営大江戸線に乗って、久々の観戦だあ!と年甲斐もなく張り切っていったのですが、ご推察のとおり「しょっぱい」試合でした。「代表」の試合でも全席自由でしたので、初めてゴール裏へ。さぞかし「熱い試合」と「熱い応援」が体験できると異様に期待して臨んだのでしたが・・・がらがら、じゃん・・・・(涙)来る人来る人、「これしかいないのかよ!」の感想が漏れていました。
試合中はゴール裏ということもあって、「声だし」に専念(40近いオヤジがやることじゃないですな)、ろくに試合を見ていません。従ってもともと素人ですが今回はレポートの体をなしていません。
オーストラリアって思った以上に強いですね。寄せが早く、中盤でボールを失うこともしばしば。高さでも勝てない。周りは「レッツゴー坂田、坂田、イェー(乾杯ラガー!の節で)」で、とりあえずついていくのがやっと(オヤジは情けない)。
なんだかわからないうちにPKで失点。さしもの川島もAFCの時のような神懸かりセーブはできず。
後半35分過ぎからやっと危機感が感じられるプレーでしたが、怒濤の攻撃も実を結ばず。でもサポーターは優しいんですね。拍手と歓声が飛び交います。普段のリーグ戦ではもっとサポも厳しいはずなのに・・・・(もっとも開始10分後に、「この試合つまんないじゃん」ってゴール裏で言い合っていていたのが聞こえました)
最後の10分間のの姿勢を、最初から見せてくれよ、という試合でした。何の希望も感じることができず、地元の駅に帰ってきて一人ですしを焼け食いしました。
レポートにも何もなっていなくてすみません。しかしなあ・・・これだったらこの前の浦和の方が1万倍以上気迫があったぞ・・・私のようなこんな素人に、けなされることのない試合をして欲しいものです。

スポーツニュースを見た限りではA代表に選ばれた永田が散々な出来だったみたいですね(苦笑)。最近の協会首脳陣には「いい経験になった」とか「いいマッチメイクだった」とか自画自賛が流行っているようですが、経験はそれが結果に反映されてなんぼでしょうに。Jにそこまで迷惑をかけるのならば、口だけと言われながらも失敗の後には一応結果を出していたどこぞの監督並にはやってもらいたいんですけどね。
最後に。来週の月曜でここも本当の1周年を迎えることになりますが、その時に最後の1周年企画を公開します。どんな企画かは公開してのお楽しみですが、過去のメルマガを読んでいた方は「ああ、なるほど」と思う内容だ、とだけヒントを言っておきます(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする