J2第41節 札幌-新潟(2-2)

勝ち点3差で首位にいるとは言え、アウェイに弱い新潟としては十分に気をつけたい相手。その札幌は3トップと言う布陣でかなり攻撃的に来そうである。
首位チームとの対戦と言う事で気持ち的にも高ぶるものがあるのか、開始から札幌はアンドラジーニャのポストプレイを中心とした早い攻め上がりで3トップのサイド攻撃で新潟を攻め上げる。新潟はいつもの悪い癖で、アンドラジーニャが全ての起点である事が明白なのにもかからわず、守備の狙いがはっきり出来ずに札幌にボールを回されてしまう。
そして10分、この日左SBに起用された新井が攻めあがったところでボールを取られ、タッチライン際の争いでさらに森下に交わされ、ドリブルからのマイナスの折り返しをアンドラジーニャがボレーで決めて札幌先制。新潟はやってはならない軽率なミスを2度続けてしまった。
しかし25分過ぎからは札幌のペースが急激に落ち、それまで厳しくマークされて動けなかった新潟のFWがボールを受けれるようになり、トップと中盤のスペースを新潟の中盤が使って一気に試合の流れは新潟に傾く。そして30分に左サイドに上がった新井がボールを受け、切り替えしてからのクロスを飛び込んできたマルクスと交錯したGK藤ヶ谷がボールをはじいたところを上野が決めて新潟が同点に追いつく。
さらに40分にはアンドラジーニャがシミュレーションを取られ2枚目のイエローで退場してしまう。遅延行為の1枚目といい、この試合の重要性を考えたら厳しすぎる判定ではないか。そこからは完全に新潟のハーフコートゲームとなるが、下手に攻めれるだけに難しいパスを通そうとして新潟がチャンスをつぶしているうちにハーフタイム。
後半は開始早々から新潟が決定的なチャンスを量産するも決めきれない。こういう時は(略)で、8分にカウンターからの堀井のシュートのこぼれ球をGK野澤とDFがお見合い、回転がかかっているボールは大きく弾んで新潟ゴールへ。野澤が必至で掻き出そうとしたところを今野が押し込んで、何と札幌がリードしてしまう。
そこからは新潟が人数をかけて攻めるのだが、焦りがあるのかゴール前を固める札幌のマークが外しきれていないのに無理に攻めてしまったり中央突破で行こうとしてボールを取られ、深く守りすぎのDFとの間のスペースで簡単に札幌にボールを拾われて逆襲をくらうという展開が続く。しかし、これでもう終わりかと思われた44分、右サイドからのロングボールのこぼれ球を上野が押し込んで新潟が命をつなぐ同点。あとはそのまま試合終了。
新潟は2つの凡ミスからの失点、マルクス、ファビーニョの大ブレーキと完全な負け試合だったが、札幌のアンドラジーニャの退場と致命的なカウンターに点を取られなかった事でかろうじて命拾いをしたという試合だった。さて、これで勝ち点2を失ったと見るか貴重な1をゲットしたと見るか。あと3試合で結果は分かる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする