エイプリルフールの戯言

と言っても、センスのあるウソをつける自信が無いので何もしないんですけど(笑)。それよりU-22のコスタリカ戦ですね! A代表とのスタイルの違いを見比べてみるというのも面白いんじゃないかと思います。
スポニチに巨人戦視聴率低下のニュースがありましたが、そこにウルグアイ戦の視聴率のデータも出てましたね。意外と低い数字で少々驚きましたが、裏番組に食われたせいとか、多忙な金曜の夜という事が影響したせいとか理由は単純じゃないんでしょうが、一つにはサッカーを見る人の目がW杯で一気に肥えたせいがあるんじゃないかと思います。
ジーコ初戦のジャマイカ戦はかなり視聴率が高かっのですが、W杯直後の試合とあって、W杯からサッカーを見てしまったような人は、本番のような緊迫したゲームを期待していたんじゃないかと思うんですよね。それが結果もですが内容もピリッとしない試合で、それがアルゼンチン戦、ウルグアイ戦と続けて来ると、いやでも親善試合は本番とは違うと気付くんじゃないでしょうか。
基本的にどんな試合でも楽しく見れるサッカーファンと違って、案外普段見ない人のほうが下手に本物を知ってしまっているだけに怖いと思いますよ。ちょうど日本のユニバーサルスタジオに行く前にロサンゼルスの方に行ってしまった人のように。
カピタンも、首がつながってホッとしている場合じゃないと思うんですけどねえ。しかしこの人、トルシエ時代に結果にホッとしたなんて言った事あったっけ?(笑) 
あ、月の変わり目なので先週分を過去ログに追いやりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする