J2 新潟-福岡(4-0)

得点解説は省略して雑感のみ。
両チームとも4-5-1のフラットディフェンスで、カウンターの応酬となるかと思ったが、シンプルな中盤のパス回しからサイド突破まで非常にスムーズな、プチキエーボとも呼べそうなぐらい戦術が浸透している新潟に対し、福岡はボールを持ってからのコンビネーションが悪く、横へ横へとパスを回した挙句に相手人数が揃ったところに精度の悪いボールが放り込まれるという状態。
セットプレイで新潟が得点してしまったので、福岡はよりいっそう前に出ざるを得なくなったのだが、攻撃のリズムが悪いのでいざ守備となったときに後ろの人数が足りないと言う悪循環で失点を重ねてしまった。
予想外の点差がついてしまったが、戦力や守備戦術にはそれほど差があるようには思えず、攻撃面の影響が如実に出てしまった試合と言える。新潟は今後研究されてからの対策、福岡は攻撃コンビネーションの浸透が今後のカギになってきそうである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする