高校選手権 準決勝 市立船橋-滝川第二(2-0)

市船は、組織的なプレスと早いパス回し、シュートよりもパスを選ぶFWと決定力の無さと、全く日本代表の縮図のようなチーム(笑)。滝二は最初こそプレスの前にオタオタしていたが、徐々に良さである一人一人の粘り強さとキープ力で押し返していった好ゲームだった。
相対的にチャンスが少ない滝二は、決定機を確実にモノに出来なかった事が悔やまれる。今日は樋口も不用意なキープやヒールパスなどなめたプレイが多くてリズムを壊す場面が目立った。早い判断が必要な場面の使い分けが出来ないと今後も厳しいだろう。
カレン・ロバートは初めて見たが、前に向かうスピードも落ち着いたキープもありかなりの好素材。ただ、勝負できるところでパスを回すところはチームの方針もあるのかもしれないがもったいない。是非Jで見たい選手である。
次はいよいよ決勝だが、市船も滝二に苦戦しているようでは国見の優位は揺るがない。市船に勝機があるとすれば、FWを徹底的にオフサイドの罠にかけ、相手が落ち着く前に得点する事だ。国見は決定力に難があるので、平山さえ抑えればさほど怖くない。市船がそういう形に持って行けるかどうか注目である。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする