天皇杯 磐田-市原

磐田が見事に市原の罠にはまった試合。磐田は中盤では比較的簡単にボールを持てたので、最後までゆったりしたリズムのままで試合をさせられてしまった。市原のポジションバランスが良くて、ワンタッチパスが引っかかるのを恐れて慎重になっていたように見えた。
市原は守備は素晴らしかったが、攻撃は流れの中ではほぼノーチャンスだったので、磐田としては非常にアンラッキーだった。
最後はパワープレイで押し込みはしたが、ミリノビッチ相手ではFWが競るだけでは厳しい。前半から、もっと素早いタイミングでサイドに長いボールを上げていればまた結果も変わっていただろう。
注目の高原は、今日は気負いがあったのかちょっと無理な勝負が過ぎたようだった。ゲームのリズムを考えたら、もっとマークを引き付ける役としてボールを動かして行くべきだったように思う。
しかし、準決勝が京都-広島ってのもなあ・・・客何人入るんだろ(笑)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする