旧閑ガゼッタ

果たして香川はかつての得点力を取り戻すことが出来るのか?

数日前にメールで質問をいただいて、その後ちょっと忙しくて放置状態になっておりましたが、ちょうど昨日はイベントの準備で忙しく、試合を見られてないのでネタにさせていただきます。

是非、御意見をお聞かせください。最近の香川選手は、以前ドルトムントで活躍していた頃と比較して、クラブでも代表でもゴール前の怖さ(独特なボールタッチによる狭い場所でも交わしてシュートなど)を感じません。求められる役割が変わったのでしょうか。最近は、専らリンクマンと守備に追われて残念なり。

また気になることに、メンタルがすぐ顔にでるなと感じていますが、これも影響しているのでしょうか。

自分で理想の自分を演じて現実化出来る本田とは対照的に、香川は良くも悪くもナチュラルボーンなサッカー選手なので、メンタルというか気分でプレイが左右されるきらいはありますよね。その点で言えば、マンUに移籍した時からずっと、自分が理想とするプレイと現実とのギャップに苦しんでいるように見えます。

最近のドルトムントでのプレイを見ても、好調時のようなゴール前での冷静さは影を潜め、ボールタッチをミスしたり無理なシュートを撃ったりと、点を入れないとと焦る気持ちが空回りしてプレイに影響が出ているように見えます。

さらに以前は攻撃陣にレヴァンドフスキとゲッツェという世界的なタレントがいたので、相手のマークが分散されて香川がシャドー的に活躍することができていましたが、今は香川に相手のマークが集中している状態です。ロイスとオーバメヤンにしてもカウンター向きの選手であり、ポゼッションの中で得点力が生きる香川とはスタイルが異なります。ボランチのシャヒンやギュンドアンも復活途上なので、香川がフリーでも良いパスが入って来ません。

ただ、得点の面で貢献できていない分を守備や組み立てでカバーする努力はしており、そこはマンUでの辛抱が生きているというか大人になったところではないかと思います。

これでマンU時代のように干されてしまっているなら問題ですが、クロップ監督からの信頼は変わらず起用され続けているのだから、時間とふとしたきっかけで復活できるのではないかと思ってます。