旧閑ガゼッタ

ヴァイッド・ハリルホジッチ氏の日本代表監督就任が決定!

今日に予定されていたJFAの会見が1時間遅れの6時からになったという事を聞いて、まさか土壇場で抜き差しならない不都合が出て就任断念という事になるのかとほんの少し不安になりましたが、無事ハリルホジッチ監督の就任が決まりましたね。なおサインはまだの模様ですが、さすがにもう大丈夫でしょう。

ハリルホジッチ日本代表監督内定、しかし技術委員会の仕事はここからが本番。 | Blog版蹴閑ガゼッタ

ハリルホジッチ氏の手腕や期待、不安点については上記のエントリーで書いているので今更追加はしませんが、個人的に一番楽しみにしているのはメディアに対する言動ですよね。

オシムは、選手に求めるものと同じくらいにメディアに対しても禅問答のような”サッカーを考える力”を要求していました。トルシエはもっと露骨に不勉強なメディアを軽蔑していました。アギーレは短い時間だったのでメディアに対するはっきりしたスタンスは分かりませんでしたが、どちらかと言うとメディアには期待も要求もしていないような感じでした。

私見では、欧州や南米のようなサッカー先進国ならともかく、日本のような発展途上国ではA代表はもちろん、協会やユース、Jリーグ、メディアといった周辺のレベルを上げていこうとするような情熱を持った監督であるべきだと考えています。海外組がこれだけ増えた選手でさえ、完全な大人として扱うとドイツやブラジルでのように裏切られる結果になってしまうぐらいですからね(苦笑)。

常に周りに対して競争や緊張感を持たせるような、中だるみを感じさせない3年間をハリルホジッチ監督には期待したいので、まず就任会見でどんな言葉を我々に投げかけるのかが本当に楽しみです。

それにしても、ファーストネームがヴァヒドだったらまだヴァヒド・ジャパンで何とかなるかなと思っていたら、正式な表記がヴァイッドだったとはねえ・・・これじゃやっぱりハリル・ジャパンになってしまうんでしょうか。なんか喝!とかポッターみたいでちょっと嫌なんですが(笑)。