旧閑ガゼッタ

サーバー移転顛末記

3連休の間、当ブログにアクセスしてくださった方はご存知でしょうが、一時期サイトが全く見られない状態が続いておりました。

と言うのも、今回ブログツールの変更とサーバーの移転を行った事によるトラブルでえらい目に遭っていたからなのです。

まあ、ちょっとサッカーには関係ない話ですいませんが、ちょっとどこかに愚痴を吐きたくて事の顛末を記しておくことにします。興味のない方は読み飛ばしてください。

このブログは、もう10年近く前からMovable Typeというブログツールを使って書いておりましたが、ツールのバージョンが古くてスマホに対応できておらず、サーバーの中に実際のブログページを作ってしまう静的生成を行うために、ファイル数が膨大な数になってしまってサーバーの制限が近づいていたために、Wordpressという動的生成のブログツールに変えたいと考えておりました。

でも、現在のレンタルサーバーにインストールされているデータベース(MySQL)のスペックが古くて、WordpressにしてもMovable Typeにしても最新バージョンが使えず、バージョンアップを待ってたらいつになるか分からないので、新しいサーバーアカウントを取って、チクチクとツールの構築を進めておりました。

サーバー移転は何かと完了までのタイムラグがあるので、本来ならば年末年始あたりにやれば迷惑が少なくなるのですが、ツールが出来てくるとやっぱりそっちを使いたくなってしまうもので、3連休の間にやってしまおうと、サーバー設定からDNSレコードの変更を金曜の夜にポチリました。

で、通常なら半日から1日待てばDNSが反映されて新しいサイトが見られるようになるはずなのですが、1日経っても2日経っても全くつながりません。サブドメインのほうは1日で行けたのですが、メインドメインはいつまで経っても音沙汰なし。nslookupというDNSを調査するツールを調べてもサーバーのIPアドレスが出て来ません。

サーバーのサポートフォームに文句を書いても返答が来ず、月曜は正直打つ手がなくて途方に暮れていたのですが、ふと何気にそれまでDNSのAレコードと呼ばれるサーバーのIPアドレスを記述するところを、ワイルドカードだけではなくてホスト名無しの@の行も追加してみました。

すると、今までうんともすんとも言わなかったnslookupに、サーバーの値が帰って来るようになったじゃありませんか! これでもう安心かなと思って一晩過ぎて見てみたら、相変わらずサイトはつながらないまま。もしかするとDNSレコードの設定をやり直したからまた2日ぐらい待たないといけないのかと思ったら、よく見たらIPアドレスの数字が1個間違えていました・・・そりゃつながらんわ。

で、修正したらあっけなく1時間ぐらいで無事つながるようになったと言うわけです・・・やれやれ。

とにかく全ての元凶は、DNSのAレコードでワイルドカードを設定すると、gazfootball.comのような頭にwwwとかがつかないアドレスには効かない、という点でしたね。でも、レンタルサーバー屋のヘルプを見ても、ネット上のどこのサイトを見てもワイルドカードで全てOKと書いてあったんですけどねえ・・・もしこれに気がついていなかったらと思うとぞっとします。ご自分でブログツールを組む人は少ないかと思いますが、くれぐれもお気をつけ下さい。